大阪府 泉佐野市の接骨院・整骨院  鍼灸整体院 Hana 【鍼灸治療・美容はり・レディース鍼灸・骨盤、背骨矯正・ボディーマッサージ他】

鍼灸整体院 Hana

泉佐野市りんくう往来北1
はじめのページに戻る


 鍼灸の可能性


投稿:川中

こんにちは。

長らく更新できてませんでした。申し訳ございません。


今日は鍼灸の可能性についてお話しいたします。

年末から「アトピー」で悩まれている患者さんが鍼灸をされました。

この症状での鍼灸は初めてということでした。

初回の治療が終えて、2週間後に来院されたとき、「少しかゆみがまし」とのことでした。しかし「掻くクセ」があるため、かゆくないけど掻いてしまうとのことでした。

そして2回目が終わり、また2週間後に来院されたとき、かなり実感できるくらいかゆみがましになってるとおっしゃいました。

それから2回治療が終わり、この間5回目の治療に来られたとき、かゆみがほとんどなく、腕や足などのかいた肌荒れがかなり消えていて、アトピーで通っていた病院の先生にも「かなり良くなったね」と言われたそうです。

その時の患者さんの笑顔は最高でした!


東洋医学は効果が出るときは驚くほど出ます。

しかし日本ではあまり重要視されてきませんでした。それは今の医療界が西洋医学一辺倒ということもあり、なかなかこのような「伝統医療」に対して実験が行われてこなかったということが原因です。

そしてそれもあって、ますますこのような「伝統医療」がよりマニアックになっていき、多くの方から「信じられない」という評価につなっがっていったのだと思います。

しかし鍼灸師は東洋医学だけを勉強しているのではございません。

解剖学も生理学も西洋医学も勉強し、かつ西洋医学も勉強しています。もちろん質や量は遙かに劣ると思いますが・・・


今春のWHOの総会で漢方や鍼灸が伝統医療の分野として「医療として認定」されるそうです。つまり世界では日本よりもずっと漢方や鍼灸が進んでいるということです。

鍼灸は人間が本来持っている自己治癒力を最大限に発揮させることが鍼灸治療です。つまり鍼灸の可能性は「人間本来の可能性」と言えます。

その「可能性」を開くのも閉ざすのも我々鍼灸師次第です。

しっかり勉強をして、「信じられない」と言われないように、そして人間の可能性を最大限に発揮できる鍼灸師になりたいものです。






2018年1月29日(月)
<< 年末年始のお休み
2017.12.28

はじめのページに戻る


鍼灸整体院 Hana
〒598-0048 大阪府泉佐野市りんくう往来北1 りんくうパピリオ駅ビル2F
072-469-6717